タニシのセミリタイア日記

セミリタイアするための情報、考え方、資産運用の結果などをゆったりと綴ります。

株価指数CFDとは?

株価指数CFDとは

株価指数とは、株式市場全体の値動きを平均化したもの。
日本でいえば日経225、米国ではNYダウ、イギリスではFTSE100、ドイツではDAXなどがあります。

CFDとは、Contract For Differenceの略で、一般的には「差金決済取引」と言われているものです。レバレッジ取引です。為替にレバレッジをかけて売買するのがFXです。

株式市場CFDのメリット

①為替リスクがない

岡三オンライン証券では、NYダウやFTSEなどの海外の株価指数でも円建てでの取引が可能です。そのため円高などの為替リスクを気にせず取引ができます。

②分散投資ができる

例えば日経225の株価指数CFDに投資すれば、日本の多くの株式に分散投資されていることと同じ効果が期待できます。個別銘柄を探す手間も省けます。外国株も同様です。

③ほぼ24時間取引ができる。

例えば日経225の場合は、午前8時半から翌日の午前6時まで取引可能です。
祝日でも取引があります。

④レバレッジ取引

少ない資金で大きな取引が可能です、つまり資金効率が良いです。ただレバレッジをあげすぎるとリスクも高くなります。これはFXと同様ですね。メリットでもありデメリットでもあります。

⑤配当あり

これは正確には、配当相当額と言われています。主に買いポジションを保有している場合に付与されるものです。銘柄によって額の違いや配当なしなどもあります。
※DAXは現在配当相当額はありません。NYダウは支払い金利手数料の方が多い状況となっています。

⑥買いだけでなく、売りも取引可能

現在のような株価が乱高下している現在は、売りから入り株価が下がれば売買益が得られる可能性があります。

長期投資ではFTSE100がおすすめ

おすすめの理由は、

①取引証拠金が日経225やNYダウと比べて低い

f:id:super-tanishikun:20190118034946j:plain

②金利手数料を引いた配当利回りが高い

2018年の実績だと
日経225:約4万円、NYダウ:約‐2000円、FTSE100:約2.3万円
日経225が一番配当相当額がもらえますが、必要証拠金を考慮するとFTSE100が断然配当利回りが高くなります。
例えば証拠金20万円で、1単位買えば、年間手取り収入は約2万8千円。配当利回り約14%。

③株価が日経225やNYダウと比べて安い

現時点での株価は
日経225:20500円前後
NYダウ:24200円前後
FTSE100:7150円前後
DAX:10900円前後
圧倒的にFTSE100が安いです。ということは必要となる資金も他に比べて少なくてすむということです。

※現在株価下落中
日経225、NYダウなどにも言えますが、2018年10月から株価がだいぶ下がってきています。
FTSE100に関しては、去年7900円をつけてから、現在7150円程度まで下がっています。割安とも考えられます。
配当+値上がりによる売買益を狙う戦略も面白いかもしれません。
※ただ今後株価が更に下がる可能性も考えられます。
リーマンショック当時の大暴落に耐えうるには、FTSE100を1単位につき約30万円必要でした。

個人的には、今年は売りもありかと

実は去年からちょこちょこ売りもやっています。
ただ株価が乱高下しているので買いのみでやっているより、少しですが売買益は得られています。
分析の得意な方や相場感が優れている方には有効な手段になるかもしれません。
※ただ売りだと配当相当額はもらえず、逆に取られます。買いで取られる金利手数料が逆にもらえます。

おすすめは岡三オンライン証券!!

私も利用しています。
アプリも使いやすいです!
今なら5万円キャッシュバックキャンペーン中です!!
岡三オンライン証券 くりっく株365